ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    教室に忘れ物を取りに行くと、そこには先客がいた。
    「おっ、宇野ちゃん。忘れ物?」
    「うん…。」
    同じクラスの祐也君。
    クラスのムードメーカーで、私とは無縁のキラキラした人。
    「俺今日までにこの課題提出しないとヤバくってさー」
    「そうなんだ…」
    やっぱり男子と話すの苦手だなぁ…。
    祐也君に気を遣わせてしまって申し訳ない…。
    私は黙ってうつむいた。
    「宇野ちゃんって本当に男子と話すの苦手だよな」
    「えっ…」
    「見ればわかる。さっきからごめんな。話振ってばかりで、しかも俺のこと苦手だよな?」
    うつむいててわからないけど、祐也君が残念そうな声で言った。
    「そんなこと!」
    慌てて祐也君に顔を向けた。
    しかし、目の前の顔は笑顔だった。
    「やっとこっち向いた。宇野ちゃん、下じゃなくて俺こっち」
    そう言って祐也君は私の顔を手で包み込んだ。
    「宇野ちゃんが皆と話せますように」
    祐也君は頭もなでてくれた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 体育館
    • 告白

    ダンダンッ

    女「先輩、どうしたんですか?
    放課後体育館で待ってるって。」

    先「いやー……えっとー………。
    ……3ポイントシュート入ったら、
    話…聞いてくれないかな。」

    女「……分かりました。」

    先「……よしっ!」

    シュッ…………コロコロコロ

    女「やったー!!
    先輩凄すぎです!!カッコいい!!」

    先「俺……ずっと前から、君が好きだ!!
    バスケを頑張っている所も、
    友達と笑いあっている所も、
    ちょっぴり勉強が苦手でドジな所も、
    全部全部大好きだ!!
    僕と、付き合ってください!」

    女「!?……はい!
    私も先輩のこと大好きです!!」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    「霧矢くんっていつも寝てるよね」

    「なに、いきなり」

    「なんで…?」

    「眠いから」

    当たり前のような会話をしてるけど、ほんとにいつも思う

    四六時中寝てることなんてある?

    これでも一応彼女だよ?隣に彼女がいるんだよ?

    それなのにこの対応…

    「なんか怒ってる」

    「ふんっ、霧矢くんのせいだもん」

    「なんで怒ってるの」

    「自分の胸に手を当てて考えてみれば?」

    そう言うと、胸に手を当て考えたような表情を見せる霧矢くん

    困った顔が少し可愛い…って、そうじゃなくて!

    「やっぱりわかんない」

    「むぅ…霧矢くんが全然私に構ってくれないからだもん」

    「ふっ、何それ…可愛すぎ」

    「っ…!?き、霧矢くん…っ?」

    突然抱きしめてきた霧矢くんにドキドキが隠せない

    「ご希望にお答えして、これからはたっぷり構ってあげるから」

    「っ…」

    この甘さは以上です

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~ Ⅱ (ゆいっと/著)

皆さんの応援のおかげで完結させることができました。ありがとうございました。読み終わったあとの感想などありましたら、教えてくださると嬉しいです。よろしくお願いします(*^^*)

  • 完結おめでとうございます!
    最後まで読ませてもらいました!

    ラストのラストまで展開がどうなるのかドキドキハラハラしながら読ませてもらいました。

    優月の抱え込みすぎる面やネガティブになってしまいがちなとことか、大袈裟な気がして実際その通りだな。。。って共感してしまう部分が多くて、ついつい自分の現実にも重ねてしまう点もありました。一方で、凌牙の優しさだったり周囲の優しさだったりがすごく感じられて、とてもあったかい気持ちになりました。

    序盤から中盤にかけて複雑な心境にならざるおえない場面が増すにつれて読んでる方もやきもきしながら読みました。終盤で一気に琉聖×七海の今後や和希にテルさん、若菜に壱冴、それぞれがそれぞれの思いをぶつけたり実現したり、読み進めながら涙しました。

    決しての恵まれてた訳でもない凌牙の境遇に嫉妬心を持ってしまった壱冴も一概に悪いとも言えなくて。。。すごく複雑な気持ちでした。だけど、凌牙とテルさんの信頼関係にはすごく惹かれるものがあって、美しすぎるほど羨ましいとも思いました。本意ではない形で知った和希の血の繋がりの事実も色んな葛藤の中でも受け入れることをした和希自身もどこか芯の強さを感じて、そこでも脱帽させられるほどでした。

    まだまだ書き綴りたいことばかりなんですが、何よりも各自が色んな道を模索しながら幸せに向かって歩みを進め始めたことはすごく応援したくなるくらいにあったかい気持ちになりました。
    そんな中で、テルさんがこれから彼女ができるのかも含めどんな幸せを掴むことができるのかすごく気になります。

    素敵な作品をほんとにありがとうございます!

    つたない文を長々と失礼しました!
    これからも応援してます。それでは、また番外編で!!!

    黒珱   2019/09/28 23:07

  • 中2の頃友達に勧められて読んでからこの作品が大好きで大好きで、高2になった今6回目を読み終えました。読む度に捉え方は変わるものの何度読んでも感動するしまた読みたいと思う作品です。
    ずっと小説化を待っていたので数日前久々に見た時に小説化されたのを知った時はものすごく嬉しかったです。すぐに買って、これからはずっと隣にこの作品があるんだと思うと嬉しくてたまりません。本当に大好きです。こんな素敵な作品を書いてくださってありがとうございました。

    -HiKARi-   2019/08/08 22:28

  • IとIIほんとに面白かったし感動しました!
    長編見るの初めてで最後まで読めるかなとおもっていたんです面白すぎて最後まで読むことが出来ました!
    ゆいっとさんの作品をもっと読みたいなと思いました!
    ファンになってしまいました!
    これからも頑張ってください!

    COKORO   2019/07/23 20:47

  • めちゃくちゃ感動しました!
    長いのに飽きなかったです!!

    ファンになります!

    緋奈瀬   2019/06/13 17:57

  • とても面白かったです!!
    一気に2作とも読んだので少し目が疲れました。笑
    暴走族の話が大好きな私ですが読み終わったあとにこんなにも余韻がと残るのは初めてかもしれません!
    私は元からゆいっとさんのファンで出版されている小説も何冊か買いました。結構純情のラブストーリーが多かったので今回もそうなのかな?と思い読んで見たいのが最初でしたが、全然違くて、とにかくとても面白かったです!!
    長々と失礼しました。
    これからも頑張ってください!応援しています!

    歌虹蘭   2019/05/07 00:07