ケータイ小説 野いちご

恋の音色 【恋瞬バトン】

恋の音色




―――あの声に、恋に落ちた。




『こっちにおいで』






壁が薄い、決して綺麗とは言い難いアパート。

そこに私は一人暮らしをして3カ月目。


夏に差し掛かろうとしているこの時期は、エアコンを点けるまででもない気がして窓を全開にする。


心地のいい、夏の香りがする風が舞い込む。



同時にあの音色も鮮明に私の部屋に入ってくる。






< 1/ 7 >