ケータイ小説 野いちご

月を狩る者狩られる者

~嫉妬~


図書室で資料をじっくり読んでいたら、いつの間にかお昼を過ぎていた。


朔夜、先に来ちゃってるかな?



ちゃんと約束はしてないし、朔夜が勝手に言っていただけだけど、私は言われていた喫茶店に向かっていた。


だって仕方ないでしょう?

帰る場所は朔夜のところしか無いんだから。


朔夜にそう仕向けられたと思うと、怒りに似た気持ちがわいてくる。

でもどうしようもない。


頼みだった協会は全くあてにならなかったし。

< 93/ 421 >