ケータイ小説 野いちご

夜をすり抜けて

運命共同体


次のサービスエリアで樹は車を停めた。


「っしゃぁ、カツ丼だ!」


あんまお腹空いてないんだけどなぁ…





笑ったのがトイレ。


ちょっと行ってくる、と告げて戻ってみれば、入口の真ん前で樹は腕組みをしてデーンと待ち構えていた。


さっきチャラ男達に絡まれたパーキングエリアと違い、ここはフードコートや売店なんかもあり、ちょっと賑わってるんだけどね。


女子トイレにも他に利用客がいて、わたしより先に出た女の人が、ヌッと突っ立っている樹に驚いて、一瞬ビクッと足を止めたのが見えた。


あはは、完全に不審者じゃん。


なのに樹はわたしを見ると
「あー恥ずかしかった」なんて言った。


それはこっちのセリフ。

< 94/ 163 >