ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    「ふへへ…冬真くんカッコよすぎ!」

    こんなことされてみたい…!

    「おい、帰るぞ」

    「へっ…?あ、悠雅!うんっ!」

    バサッ

    あ、漫画落ちちゃった…!

    「これ、お前のでしょ?」

    私の漫画を拾いながらそう言う悠雅

    「うん、そーだけど…?」

    「これ読んで、ニヤついてたの?」

    …!?

    「べ、別にっ…!ニヤニヤなんてしてないし…!」

    「ふーん、どうだかね…この顔見てもそう思うわけ?」

    見せられたのは、私のだらしない顔だった

    「と、撮ったの… !?」

    「あぁ、やばかったから」

    くぅ…なんてやつだ

    「へー…こーゆーこと、されたいんだ?」

    「ち、ちがっ…!」

    慌ててその漫画を取り返そうとする

    「きゃっ…!?」

    悠雅がバランスを崩した私を支え、抱きしめる

    「ゆ、悠雅っ…?なに…して…」

    「じゃあ…俺としてみる?」

    「っ…」

    現実は漫画よりも甘い

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中

    「あ…先輩来たっ…!」

    今日も先輩の後を追う日々

    いつも思うけどバレてない…よね?

    「カッコイイなぁ…」

    そう呟いてしまうほどの容姿

    全て計算されて作られたかのような顔のパーツの配置

    私が毎日駅からこっそりついて行ってしまうのも仕方ない

    「ねぇ、君さ…僕のこといつも付け回してるよね?」

    「はへっ…?ひ、ひひ柊先輩…!?」

    ぼーっとしていたら、いつの間にか私の前に先輩がいたみたいで…

    ば、バレた…!?どうしよう…!?

    「えっと…その…あの…」

    「なに、ストーカー?警察呼ぶよ?」

    「ち、違います…っ!決して怪しいものでは…!」

    …今の状況で怪しくないわけないよね

    「はぁ…ストーカーするんだったら学校でしてよ」

    「へっ…?そ、それって…っ!」

    「ほら、早く行くよ」

    「…っ!は、はいっ…!」

    追うだけじゃなく追われたい

    そんなこと思っちゃだめですか?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    『何読んでるんだ?』
    『えっ⁉︎』
    ずっと恋してた雪君に話しかけられた。
    雪君が本好きだと聞いてから放課後本を読んでた。
    話しかけられると思わなくて顔が暑くなる。
    『見せてみろよ』
    そっと私から本を奪ってパラパラっとめくる。
    緊張とパニックで言葉が出ない。
    『俺も読んだよ。これ面白いんだよな』
    すると本を手渡されてジッと私を見つめてくる。
    するとメガネを外して私の目を見る。
    もう固まって動けない。
    そんなに見つめないで、
    恥ずかしくて下を向くと、
    『顔見せて欲しい』
    『…なんで?』
    『裸眼で見たいから』
    ゆっくり雪君を見るとメガネだけ置いて側から消えた。
    私が探すと急に後ろからギュッと抱き締められる。
    『彼氏居るのか?』
    『…居ない』
    『良ければ付き合ってくれないか?』
    急な言葉で胸の鼓動が高鳴る。
    うんっと言いたいけど言葉が出ない。
    『大丈夫ならメガネ拾ってよ』
    その告白卑怯だよ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

夜をすり抜けて (tomo4/著)

読んで下さってありがとうございます(^O^)/


一言でも感想をいただけると嬉しいです♪♪♪

  • tomo4さんが書くお話だいすきです♡
    樹くんかっこよすぎて、、全部のお話読ましてもらいました、、♡
    これからも愛読させていただきます頑張ってください( ¨̮ )♡

    ( ¨̮ )(    2018/03/29 13:58

    ( ¨̮ )(さま☆

    温かなコメントをありがとうございます!
    自分の書くものにはなんか自信がなくて、だからとてもとてもうれしいお言葉でした(:_;)
    全部読んでいただけたなんて幸せすぎる(#^.^#)
    樹はわたしも大好きです♪

    これからも頑張って書いていこうと思いました!
    ありがとうございます☆

    作者からの返信 2018/03/30 02:05

  • RE:
    +°海琉夢+°さま☆

    はじめまして。書き込みありがとうございます。
    気づかなくてお返事が遅くなってゴメンなさい。

    +°海琉夢+°さんはなんにも悪くないよ。
    そんなことを言ってくる人が悪いのです。
    だけどつらいよね。悔しい。
    人の悪意って、本当に容赦なく胸をえぐるから。
    なんの権利があってそんなことをしてくるのか、
    本当に最低な行為だと思う。
    +°海琉夢+°さんの言う通り、そんなことを出来てしまう人間を相手にすることはないよ。
    なのに向こうから関わってくるんだから頭に来る!

    +°海琉夢+°さんはネッ友さんがいるんだね。
    よかった。自分の大切な世界があって!
    いつも頑張ってるんだもん。
    頑張るのが苦しくなったら、自分の世界で自分を休めてあげてね。
    つらいんだもん。自分を助けてあげていいんだよ。
    でもそれは、決して死ぬことではないからね。
    そんなもったいないことをしても、最低な奴らには何にも伝わらないから。

    大好きな+°海琉夢+°さま☆
    小説読んでくれてありがとうです( ;∀;)

    またね。

    tomo4   2016/09/19 02:51

  • こんばんわ。海琉夢と申します。中学1年生です。
    私はいじめ…なのか分かりませんがそんなのは受けています。
    あだ名はグリズリーとか怪物となっていて、嫌われています。
    画鋲…とかは私の学校はスリッパなのでありませんし、扉でもないので手紙もありません。鞄に落書きも当然ながらありません。
    でも私の真似!とかいってふざけてる奴がいます。
    すれ違う度にし ねとか言ってくる人もいます。
    近くにいると私がいった台詞を声真似までして言ってくる男子もいます。
    私はそんな奴らはただの馬鹿だと思っています。
    ですが私自身なにが行けないのかあまりわかっていません。
    やはり口が悪いことでしょうか?
    一時期オタクとか言われてましたし。
    口が悪いのかな…
    馬鹿ですか?とかよく言ったりもしてましたが…
    こんな生活が続いてはや2年目です。
    ほんと死 にたいんです。でも、どこから落ちたら死ねるかな。とかしか考えれないんです。
    私が死んだらどんな反応するのかなって…
    でも、私は学校に行ってますし、大切なネッ友のために頑張って生きてます。
    希望を与えて下さりありがとうございました。
    …このあとどうなるかわかりませんけど

    +°海琉夢+°(退会)
    2016/09/14 22:18

  • RE:
    涼花.さま☆

    こんにちは♪
    こちらにまで素敵なレビューをありがとうございます!

    真琴と樹の偶発的な二人旅。
    その中でこぼれた思いをたくさん感じとってくださり、とってもうれしかったです(>_<)

    明けない夜はないですよね!
    ありがとうございました☆

    tomo4   2015/03/18 21:58

  • RE:
    ☆蓮夜☆様

    イジメも裏切りも、この世からなくなることは、きっとないのだろうけど…

    この世には、信じるに値するものが、いっぱいあると信じています^^*

    素敵なレビュー
    心からありがとうございました☆

    tomo4   2014/03/11 01:02