ケータイ小説 野いちご

夜をすり抜けて

闇に包まれて


樹はそのまま動かない。


「あ、あの…樹? 痛くした?」


心配になって声を掛けると
彼はその姿勢のまま首を横に振り

それから体を起こすとスッとドアを開けてトラックを降りた。



「車平気か見てくる。ここで待ってて」


樹がどんな顔でそう言ったのか、わたしの場所からは見えなかった。



少しためらって、それでもやっぱ気になって
そっと車を降りて見に行くと――…


暗闇の中、樹は片手をコンテナにつき
うつむいて立っていた。


ときどきもう片方の腕で顔を拭う。


深夜の、車も通らない山道の静けさの中
彼の漏らす息だけが低く響いていた。




樹は、トラックの陰で声を上げて泣いていた―――





< 76/ 163 >