ケータイ小説 野いちご

夜をすり抜けて

大人と子供の真ん中


「のぼれるかぁ、これ」


大きく声を掛けられる。


「え、平気! 全然」


大型トラックなので座席が異様に高く、ホントによじ登る感じで助手席へとたどり着く。


横を見ると、運転席にはもう樹が座っていた。


「あ」


目の前にバンと、H系の雑誌が置かれている。


グラビア娘たちのまばゆい感じのやつじゃなく、もろストレートにいやらしげな表紙。


「わ」


樹は超高速でそれをつかみ、座席の後ろにバスッと突っ込んだ。


それから素知らぬ顔でエンジンを掛けて、ミラーを確認しながら車を出す。



「心配すんな。お前みたいな子供に何かしたら、少女淫行で捕まるし」


前を見て運転しながら樹は言った。



< 35/ 163 >