ケータイ小説 野いちご

夜をすり抜けて

旅の始まり


「ちょっと問題になるかもな」


お母さんの携帯番号をプッシュしようと、樹の携帯をスライドさせたとき、彼がポツリとそう言った。


「問題って?」


「結局俺、お前を拉致っちゃったわけだし」


「でも、わたしが勝手に荷台に上がり込んだから悪いんでしょ?」


「や、コンテナ閉めるときに中を確認しろって、会社からいつもうるさく言われてる。
ドライバーの常識っつーか…。
前に荷主の飼い猫がまぎれこんでいるのに気づかなくて、乗せてった先で逃げられちゃった先輩がいたんだけどさ」


「どうなったの?」


「クビ」


「えっ」


「あはは、気にすんな。早く連絡してやんな」


と樹は笑ったけれど


いや、気にするでしょ、普通。



< 20/ 163 >