ケータイ小説 野いちご

仮の総長様は向日葵のような元姫さまを溺愛せずはいられない。

好きなのに、ある想いが交差する。



【陽平 side】


あれから彼ら、月輝の奴らとは別れて、車でアパートまで戻る。車内は沈黙が続き、彼女は下を向いていてしまった。それに部屋に入っても黙ったままだ。折角、笑ってくれたのに……。

あいつらのせいでぶち壊しだ。俺はまず彼女をお風呂に先に入ってもらい、彼女が入っているうちに昇に電話をする。


『……何? 今何時だと思ってるんだよ。』

『月輝と接触した。今。総長はいなかったけど、副総長と幹部2名な。』

『へー……理由はまたじっくりと話してもらうかな。総長さまはいつ来るの?』

『しばらく行かねーよ。昇がいるんだから問題ねーよ』

『は?お前総長だろ。ずっとこないつもりかよ』


そんなつもりはない。一応総長だし……仮のな。







< 53/ 271 >