ケータイ小説 野いちご

仮の総長様は向日葵のような元姫さまを溺愛せずはいられない。

強くなってあなたの元に戻るから、それまでは…バイバイ。




「あ、あの……ここは?」

「……ん」

いやいや、答えになってないよ。
私はここはどこなのかを聞いてるの。
……まぁ、のこのこ付いてきたのがいけないんだろうけどさ。


「……俺の家。」

「は、い!?」

「そんなびっくりすることか? だから、俺の家だって。」


い、家…………? 俺の家!? 私、知らない人の、しかも男性の家に来ちゃったわけ……?

冷静になった私は、やばいんじゃないかと焦ってきた……だけど、手を掴まれてるから拒否なんてできない……自業自得だ。


そんなことを考えているうちにマンションのエレベーターに着き、エレベーターに乗り上へ上がった。






< 16/ 271 >