ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

たとえば、愛とか。

e.g6:絶体絶命



昨日の夜、広海くんを警戒しながら布団にもぐっていたけれど、家に尋ねてこられるどころか、メールも電話もなかった。
それでも、いつどんなアクションが起きるのかと想像するだけで神経が昂ぶって、仮眠程度にしか寝られなかった。

カーテンを開けて時計を見ると、朝の八時。
仕事もない。予定もない。家ですることもない。
そんな私は、これから長い一日をどう過ごせばいいのかと気が重くなる。

……贅沢な悩みなんだけど。休日なのに、気が重いだなんて。
それにしても、一昨日まで尋常じゃないメールと着信だったのに、突然ぱたりと連絡がなくなったことが逆に気になる。

まさか、心を改めてやめてくれたとかでは……ないと思うし。
だけど……本当に、出会った頃はすごく優しく笑う人だったのにな。

広海くんが変わってしまったことを思い返して切なくなると、それを振り切るように頭を横に振ってベッドから立ち上がる。

せっかく天気も良くて、休みなんだから。
暗い思考はこのくらいにして、何も考えなくても済むように何かに没頭しよう。
よし。珍しく朝ごはんを丁寧に作って食べて、その後は部屋の掃除を隅々しよう。無心で過ごすには大掃除、いいかも。

朝食を食べ終え、意気込んで掃除を始めると、予想以上に夢中になれてなにも考えずにいれた。
お昼はトーストにして、すぐにまた部屋に戻って続きをする。

クローゼットの中を終えて一息ついた時に、放置したままの携帯が音を上げた。
びっくりして肩を上げ、携帯を探すように部屋を見回す。床に落ちていた携帯を見つけると、表示されてる名前に息を飲んだ。

< 97/ 167 >