ケータイ小説 野いちご

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~ Ⅱ

-17-

半分ぼうっとした頭で、部屋を出た。


出ろって言われたわけじゃないけど、凌牙と二人きりで居るのが気まずくて。




あたしに散々キスの嵐を降らせた凌牙は。


それを終えたあと、何事もなかったように振る舞うから……。


若菜の所へ行くと言って、逃げるようにその場を離れてきたのだ。




ドアを閉めて、そこで少し佇む。


体が燃えるように熱い。



おそらく経験豊富だろう凌牙と違って、あたしはキス一つでさえ受け入れるのが大変なのに。


……あんな激しいキス。



それでも幸せだったことには変わりなくて。


思わず顔がニヤケてしまい、慌てて正した。

< 1/ 815 >