ケータイ小説 野いちご

BLUE HEART

作品番号
982

最終更新日
2007/7/10

BLUE HEART

南河雅弥/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
85ページ
PV数/5,129・総文字数/23,690




鮮やかに蘇る記憶


もう『私』はいない。


きっと、もう二度と私には会わない。
俺はあの日『私』を殺した。



長かった戦争も終わりを告げ、戦闘に駆り出されていた傭兵達は家族を養うために職を探していた。
そんな中、不穏な動きを見せる一部の元傭兵達。政府と軍部が対立し、安寧を保てない国家。

たくさんの思いが交錯する中、彼は仕事を探していた。

見つけた仕事は

『政府反乱軍の傭兵』





異世界ファンタジー
デス


文章はチマチマですが、心は大きいデス。
(意味分かりません、すみません)




小説を読む