ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ヤンデレ彼氏のお気に入り

作品番号
1534945

最終更新日
2018/12/4

ヤンデレ彼氏のお気に入り

夜月瑠々/著 ジャンル/恋愛(学園)
43ページ
PV数/29,643・総文字数/10,640

「君だけは僕とずっと一緒だよね」

SNSは色んな人がいる、私は愚痴を言うだけのアカウント[病み垢]を作ったでもそれがあんな変な子に目をつけられるなんて…


────「僕はずっと君を見てました」────
────「え、誰?私を見てた?」────
────「君も僕がいればいいよね?」────
────「ごめんなさい!私は普通の恋愛がしたいのよく分からない貴方とは付き合えない!!」────

────「え?僕と付き合ってくれるって?でも好きじゃないから振り向かせてみろ…かぁ、わかった!振り向かせるねどんな手を使っても好きにさせる!!」────


言ってないことも勝手に決められて前向きに取られちゃうこれどうしたらいいの!?私どうなるの!?


あらすじ

ずっと見てました宣言されたことありますか?
私はないです。
だって、全く知らないんだもの。

「僕君のことずっと見てましたよ♪」

そんなことってありますか!?
私が貴方と付き合うなんて怖くてありえない!
私は純粋に恋愛がしたいの!!!


小説を読む