ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

私の唇は、大好きなキミへ嘘をつく。
書籍化作品

作品番号
1363062

最終更新日
2019/5/31

私の唇は、大好きなキミへ嘘をつく。

涙鳴/著 ジャンル/恋愛(純愛)
211ページ
PV数/4,090,369・総文字数/86,052

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

キミは、私の大切な親友が好き

親友は、私の好きな人が好き

私がいなけれは、2人は幸せ

だから、この涙も、想いも、言葉も
全ては秘密

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼


「嫌いだよ、一護なんて」

ーー本当は、大好きだよーー

「あっそ、俺だって嫌いだよ、お前の事なんて」

ー傍にいて、私を見てほしいよーー


キミとの距離を遠ざけて、
時とともにこの想いが消えますように。

この嘘が、いつか真実になりますように。

˚°ºᵒ•♡•ᵒº°˚♢°ºᵒ•♡•ᵒº°˚♢°ºᵒ•♡•ᵒº°˚

だから今日も……
私の唇は、大好きなキミへ嘘をつく。

˚°ºᵒ•♡•ᵒº°˚♢°ºᵒ•♡•ᵒº°˚♢°ºᵒ•♡•ᵒº°˚

レビューありがとうございました・*:.。:*・♡

わのん♪様
竹久祐様
捺聖様
天川 奏様

好評発売中

あらすじを見る
高校の入学式で隣の席になった一護にひとめぼれした椿。話をするうちにどんどん惹かれていくけれど、親友の紗枝も、一護が好きだと知る。しかも、ふたりは両想いだと噂されていて…。大切な親友のためにこの恋をあきらめようと決意した椿は、一護に冷たい態度をとる。一方、急に態度が変わった椿に戸惑い、気になる一護は、「昔みたいに笑ってくれよ…」と椿との距離を縮めようとするけれど…。好きな人と親友の間で切なく揺れる、涙のピュア恋。

小説を読む

NEW!!