ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あの春、君と出逢ったこと

作品番号
1362227

最終更新日
2017/3/26

あの春、君と出逢ったこと

**+*桜花*+**/著 ジャンル/恋愛(純愛)
262ページ
PV数/150,261・総文字数/178,020



『……馬鹿かよ』


『煩え』



そう言ってる君の表情とか。




『______好きだ』



そう言った、君の表情は。



いつでも、目を瞑ってても思い出せる。




1年の時が過ぎ。


窓から見える桜も、ヒラリヒラリと、花びらを散らす。





『……どうして、教えてくれなかった?』



『煌君を、傷つけたくなかった』





そんな季節よりずっと前から。

私は、自分が傷つかないために。

彼が、傷つかないために。



必死に、必死に、笑顔を作った。











『行くなよ……なぁ、栞莉‼︎』



『_______笑って。煌君』





最後まで、君を思う事。

その事を、許してください。










『……栞莉‼︎』


最後に、煌君が伸ばした手は。


私に、伸ばされた君の手は。





私に触れることなく、空を切った。







________



あの春、私は 《俺は》


君に出逢った事を。





後悔なんて、していない____





*○*○*○*○*○*○*○*○


私の初恋をささげた貴方は

とても綺麗で。
優しく、強く。


私が、最初で最後に愛した人でした



*○*○*○*○*○*○*◯*


小説を読む