ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

もしもサンタがいるのなら

作品番号
1276376

最終更新日
2015/11/21

もしもサンタがいるのなら

実花子/著 ジャンル/恋愛(純愛)
17ページ
PV数/39,186・総文字数/5,158

何歳まで信じてた?


サンタクロースのおじいさん。




小さい頃
しつこくしつこくサンタさんのことを
聞くあたしにママは言った。



『信じていない子のところには、来ない』



……あの日から、何年も経ったけど



信じることを諦めた
あたしがいけないんだろうか


小説を読む