ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

いつかすべてを忘れても、きみだけはずっと消えないで。
書籍化作品

作品番号
1181919

最終更新日
2017/8/16

いつかすべてを忘れても、きみだけはずっと消えないで。

逢優/著 ジャンル/恋愛(純愛)
271ページ
PV数/4,077,066・総文字数/81,667

これは、俺の世界一大切な人が


残した日記の中の物語



“本当に大好きなの”

“なんで、私なの………?”

“春斗、もうバイバイだね───”



きみの消えかけそうな笑顔を前に


俺は決めたんだ



たとえ、きみの記憶が消えたとしても


俺がまたきみを振り向かせるって



何度でもきみをこの手で抱きしめて


星の数だけ、きみに愛を注ぐって───


\2017年8月25日 書籍発売/


*文庫とサイトの結末が異なりますので
ご了承ください

好評発売中

あらすじを見る
中3の心咲はある日、物忘れが激しくなるなどの違和感を感じるようになる。おかしいと思い病院に行くと、診断結果は約1年後にはすべての記憶をなくしてしまう、原因不明の記憶障害だった。心咲は絶望し、さらに彼氏にもフラれてしまう。心咲は心を閉ざすけど、高校で優しい春斗に出会い、惹かれあっていく。しかし、心咲は春斗のためを思い、身を引く覚悟をして……?

小説を読む