ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • あなたの憧れEpコン
    • 部活中
    • 体育館
    • 髪クシャ

    茅琉『はぁー今日も部活』

    海音『またため息付いてん』

    茅琉『うるさい~』

    この人は海音

    珍しく女子が集まらない理由集まる人が3年生女子だから3年生は本格的受験真っ只中に入ってるそんな中1人の女子が見ている

    女子1『馴れ馴れし海音くんに』

    茅琉『っッ私の家柄分かる』

    女子1『言ってられるの今だけ』

    その喧嘩の声に3年生女子が集まってきた

    女子1『あの子生意気なんだよ』

    女子2『はい?茅琉様なんて』

    女子1『ん?』

    女子2『財閥のお嬢様よ!茅琉様に生意気とか早いんだよ』

    女子3『茅琉様大丈夫ですか?』

    私の家が財閥と有名で恐れをなしてる先輩女子も多いのだ

    海音『茅琉、このあとどっか行こう』

    頭くしゃっ海音はする

    茅琉『はずかしいやん』

    茅琉『そうね先輩ありがとう』

    女子2『茅琉様にお礼言われるなんて』

    女子3『やばい』

    ちなみに海音と茅琉カレカノ

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 壁ドン&告白

    「ねーねー、美優ちゃん。早く俺のものになってよ〜」

    「嫌です、チャラい人は尚更」

    「ひどいなー」

    ぐっ…カッコイイ…なんでこんなに好きなのに素直になれないかなぁ…

    「ホントのことですから」

    「でも、オレ繋がってた女の子全員と切ったよ?」

    「っ…え?」

    そんなわけない…よね、一瞬でも信じかけた私はバカだ

    「嘘だと思ってるでしょ?本当だよなんならスマホ見る?」

    「いや…大丈夫…ですから」

    「そんなに俺、信用ない?これでもすっごい本気なんだけど。こんな女の子、初めて」

    突然腕を掴まれ、壁に押し付けられる

    ドンッ

    へっ…?

    「せん…ぱい…?」

    いつも余裕のある顔が崩れ、今では余裕のない表情だ

    「こんな気持ちになったのは、彩華が初めて」

    顔が赤くなっていくのを感じる

    「好きだよ、彩華」

    「っ…!」


    「俺のものになって」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    “弟”だと、思っていた幼馴染みは“男”だった。
    「ねぇ、それなに?」
    トンっと肩を押され、簡単に押し倒された。
    押し返そうとしてもびくともしない。
    “それ”と言われて触れられたのは
    鎖骨辺りで、最初は触れるだけだったのが、
    緩く撫でられて声が漏れる。
    「んんっ、、」
    わけの分からない顔をした私に
    何故か怒ってる彼は、
    「無防備なのは俺の前だけにしろよ。」
    なんて言って
    撫でていた鎖骨辺りに顔を近づける。
    緩く息がかかって、
    ぬるっとしたものが鎖骨をなぞった。
    それが“なんなのか”を考える暇もなく
    じゅるっと吸われて、
    痛みと甘さと、
    それからお腹の奥の方が疼く感じがして
    自分のものなのか分からないくらいの
    甘い甘い声が漏れた。
    「あ、、や」
    「…煽ってんの?」
    そう言われて、甘く甘く唇を奪われる。
    「お前が俺以外見てないと油断してた。
     でも、お前には俺しかいないと分からせないとな。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

いつかすべてを忘れても、きみだけはずっと消えないで。 (逢優/著)

  • すごく感動しました!
    読んでいたらポロポロと涙が出てきました!



    毎日の一瞬がいかに大事でもう戻らないものなのか、ということを知ることができました。

    そして、 “想い” はいろんなものを乗り越えることができる、ということも知ることができました。
    記憶も、言葉も、悲しみや、苦しみも…。

    色んなことをこの作品で知ることができました。



    日記に込められた心咲の想いが、私の心までも心咲のようになって、胸がしめつけられたり…。

    春斗の優しさや一途さが、涙腺をさらに崩壊させました笑
    仁奈や蒼の優しさも、スッと心にしみてきて、ホワンと温かくなりました。



    とても、その世界に入り込める作品でした。
    ここまで入り込める作品に私は出会ったことがなく、逢優先生のこの作品が、初めてでした。



    最後なんて涙づくしでした笑



    ここまで素晴らしい作品に出会わせていただいて、ありがとうございました!

    逢優先生、これからも応援しています!



    書籍も買いました♪

    恋音優莉   2018/04/04 11:15

  • とても感動しました。
    すごく泣きました。
    その瞬間瞬間がかけがえのないもので、でも時間が過ぎても変わらない人の思いがあって。
    そしてその思いは言葉にしないと伝わらなくて。でも、時に心から溢れ出して、言葉にしなくても相手に届いてしまう時がある。
    そんなことに気づかされました。

    とても素敵な作品を、ありがとうございました。

    飛色@ひいろ   2018/02/12 01:06

  • 最後に泣きました!
    こんなに感動できる作品をありがとうございます!
    最近ブルー系の話を読むんですがその中で1番心に響きました!
    これからも頑張って下さい!

    沙晦   2018/02/07 22:33

  • 書籍化おめでとうございます。記憶がなくなるのは恐いですが周りに春斗君のように何度でも振り向かせてくれて愛してけるって素敵だなと思いました。一気に読んでしまいました。素敵な作品ありがとうございました。

    藤沢未亜   2018/01/18 04:53

  • 感動しました!泣きました。
    病気と知っても、離れようとしない春斗に惹かれます。
    彼の優しさが胸にしみます!
    私も誰か1人をずっと思い続ける人になりたいと、
    心から思いました。

    このような、素敵な作品をありがとうございます。

    もこれっと   2018/01/15 08:31