ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

いつだってそこには君がいた。

作品番号
1102971

最終更新日
2019/11/14

いつだってそこには君がいた。

晴虹/著 ジャンル/恋愛(学園)
213ページ
PV数/168,706・総文字数/123,336





「頑張れ、転校生さん」



人見知りの私に

生まれてはじめて

好きな男の子ができました。




恥ずかしくて目も合わせられなくて


気づけばいつも目で追いかけていて


いつもその笑顔に癒されています。




「俺、日高みたいに頑張ってるやつ、好きだよ」



ねぇ、どうしたら君の特別になれますか?


私の思い出にはいつだって、君がいる。



*いつだってそこには君がいた*




2016.11.26〜2017.09.17



ずっとひとりぼっちだった私が
恋をするなんて奇跡みたいなことだった。





小説を読む