ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • 同居【お題】
    • 壁ドン

    「あ、見つけた。」
    『ちょっと!学校じゃ会わないって約束でしょ?』
    「いーでしょ?先輩」
    『よかないわよ。同居してるの秘密なんだよ?見つかったらどうすんの』

    私は3年、彼もとい裕良(ゆら)は1年、接点なんて何も無い。
    しかも、裕良は王子様とも呼ばれている

    (まぁ、このルックスじゃあね...)
    「ふーん、そんなに見つかるの嫌なんですか~。じゃあ...」
    『な、何?なんで、近寄ってくるの!』

    後ずさりして行ったら本棚にぶつかってしまった。
    そして、私の顔の横に手をついた

    「こうでもしないと、先輩逃げるから」
    『な、何を..んぅ!んっ..』
    唇をなぞられ、口の中を舌でかき回される。嫌ではないと思ってしまう、見つかるのは嫌なのに..

    『ゆ..んんっ..はぁ、はぁっ。』
    口が離れても銀の糸が2人を繋ぐ
    「ん、可愛い。続きは家で、ね?先輩」


    私は、帰ったあとどうされてしまうのでしょう..

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 同居【お題】
    • ほっぺにキス

    「ねぇ」

    「なぁに?春くん?」

    「今日の夜ご飯なに?」

    ボソッと呟いた隣の席の彼は、私の顔を見つめながらそう言ってきた

    「んー…どうしよっかな…春くん、なにかリクエストある?」

    「オムライス」

    そんな可愛いことを言うものだから思わず口が緩む

    「ふふっ、大好きだよねオムライス」

    「うん、好き」

    小さいころからの大好物らしく、よく作ってほしいと言われることもしばしば

    「じゃあ、オムライス作るねっ…!」

    そう言って、私も微笑み返す

    「っ…、あー…もう…可愛すぎ」

    「…?春く…」

    チュッ

    「っ…!」

    私たちの席は、窓側の一番後ろの目立たない席

    だから、頬にキスをされたとしても誰にも気づかれはしない

    「は、春くん…っ?」

    「お腹すいたから、由々食べた」

    「っ…もう…っ!春くんのバカ…!」

    もっと食べて欲しいなんて思ったのは春くんには内緒

    開く閉じる

    • 放課後
    • 同居【お題】
    • 髪クシャ

    『ごめん遅くなった』
    『気にするな乗れよ』
    車に乗り家帰る前にスーパーで買い物していた。
    『何食べたい?』
    『なんでも良いよ』
    食べたいものくらい言えば良いのに作る方も大変なんだよ。
    適当に食材を選んで買い物を済ませた。
    家に帰ると彼はテレビを見て私は料理をしていた。
    『いたっ・・・』
    手を滑らせて手を切ってしまった。
    すると彼が側に来て水で傷口を水で流す。
    手を触れられてドキドキしていた。
    いつも無関心なのに何かあると必ず助けてくれる。
    私の幸せな時間だった。
    彼に手当てしてもらって謝ると。
    『気をつけろよ』
    髪クシャっとされて顔が暑くなる。
    彼は私から離れながら言う。
    『ドジだな、まっそこが良いけどな』
    『ば、ばか』
    急な言葉で胸のドキドキがヤバい。
    『なあ?』
    『なに?』
    『俺をあまり本気にさせるなよ?』
    『はっ⁉︎ なんで』
    『これ以上の愛し方まだ知らないから』
    もう言葉でないよ…

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:耕(初回登録:2010/05/14)
  • 2:真季☆彡(変更1回目:2013/12/30)
  • 3:耕(変更2回目:2016/11/29)

【会員番号】253393

【性別】女

【誕生日】1-26

【自己紹介】色んな作品を読んでみて下さい

自分なりに押してるのは
「禁断」
「王様ゲーム」
「呪いメール」
「恋愛中」
「愛縛」

書いてたのが中二とかなので理路整然とした話の流れではないのですが(・・;)一つでも読んで下さったら嬉しいです

【おススメの本】東野圭吾さんの作品ぜんぱん

【生まれたところ】三重県

【血液型】A型

【星座】水瓶座

【身長】158センチ

【足のサイズ】23センチ

【握力】21

【髪型】ミディアム

【趣味】漫画、ネット

【性格】ドジあほ

【自慢なこと】1日に1回以上は物なくす

【好きな言葉】マゾ(笑)

【将来の夢】文系の先生

【好きな女性のタイプ】はっきりした人

【みんなから○○と呼ばれている】ムック(笑)

【よくやるくせ】まばたき

【口ぐせ】っちゃう?

【よく遊ぶところ】カラオケ

【カラオケでよく歌う曲】ボカロ

【好きな食べ物】梅系のお菓子

【好きなテレビ番組】アメトーク、世界仰天ニュース

【好きな映画】まどマギ

【好きな音楽】ボカロ

【好きなブランド】GU

【好きなコミックや雑誌】僕達は知ってしまった スキップ・ビート

【好きなキャラクター】梶 雪斗 不破 尚

【好きな季節】秋

【とっておきの時間の過ごし方】ネット

【手放せないもの】スマホ

【マイブーム】読書

【今一番欲しいもの】才色兼備

【最近感動したこと】自分の作品を色々な人が読んでくれたこと

【最近ひやっとしたこと】勉強全然わからん

【最近うらやましいこと】人気の作家さん

【最近頭にきていること】自分が頭悪いこと

【最近凹んだこと】学校で授業中きにしてることいわれたこと

【最近自慢したいこと】野いちごのホラー特集に掲載されたこと いくつかの作品ジャンル別ランキングランクインさしてもろたこと

【生まれ変わったら?】才色兼備になりたい

【1億円あったらどうする?】食べたいものを食べる

【願いが3つかなうとしたら?】才色兼備になる、自分と自分の周りにいる人が長生きする

【今までの人生で素敵な思い出】リア充

【癒されること】犬と遊ぶ

【よく使うモバイルサイト/アプリ】LINEツイッター

【誰かこんな小説書いて!】ストーカー系スキなんでw

▲