この度先輩のご飯係になりました~私と先輩の幸せレシピ~

青春・友情

四条葵/著
この度先輩のご飯係になりました~私と先輩の幸せレシピ~
作品番号
1726229
最終更新
2024/06/16
総文字数
45,257
ページ数
105ページ
ステータス
未完結
PV数
404
いいね数
3


  「美桜、これからも俺のご飯になってくれる?」

  「へ?」


   行き倒れていた先輩を助けたら、なぜかご飯係に任命されました…(?)



      ゜*。  。*°


    天真爛漫、家庭科部部長のごはん大好き少女

     綾瀬 美桜 (あやせ みお)

          ×

    不思議でちょっと強引(?)おっとりな先輩

     藤ヶ谷 庵 (ふじがや いおり)


       ゜*。  。*°



 「俺、美桜が作ったご飯、毎日でも食べたいな」

 「あ、ああ!ご飯!ご飯を作ってほしいってことですね!?」

 「他になにがあるの?もしかして、自分が食べられちゃうって思った?」



    飄々としていて、少し強引ないおり先輩。

     
    私はそんないおり先輩のご飯係になりました。




※2024.6.6~更新開始 毎日1話ずつを予定しています。
あらすじ
ある日、中二の美桜は道で行き倒れているいおり先輩を拾う。
美桜の温かいご飯ですっかり懐いてしまったいおり先輩は、美桜をご飯係に任命する。
ちょっと不思議ないおり先輩から溺愛されたり、後輩の悩みを聞いたり、幼なじみの男子や親友の女子とのちょっとしたすれ違いがあったり…。勉強に恋愛、進路のことなど、悩むことはいっぱい。
そんな悩みを、温かく優しいご飯で解決していく、ほっこり青春ストーリー。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop