迷路の先には君がいた

恋愛(ピュア)

花里美佐/著
迷路の先には君がいた
作品番号
1722227
最終更新
2024/05/02
総文字数
31,823
ページ数
112ページ
ステータス
完結
PV数
819,590
いいね数
425
☆諏訪内 芙蓉(すわない ふよう) 28歳
スワンホテルグループ オーナー
×
★中田 鷹也(なかた たかや) 34歳
ツインスターホテル本店 支配人

四年前、鷹也の前から姿を消した芙蓉は
訳あって他のホテルに隠されていた。

芙蓉は思いがけない場所で
鷹也に見つかってしまう。

「鷹也を巻き込みたくない。
お願い、私のことは忘れて……」

「忘れろだと?出来るなら苦労してない」

 ♢ ♢ ♢

「俺の人生で一番大事なものが何なのか、
この四年でよくわかった」

2024/4/14 公開

※設定など小説の内容はフィクションです。

※関連作品は公開リストをご参考ください。
未読でも問題ございません。


この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

良かったですね❗(^ー^)四年間お互い辛かったけど‼️四年間があったからこそ🎵✨ですね❤️

ひめかさん
2024/04/18 22:39

この作品のひとこと感想

すべての感想数:150

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop