君と過ごした世界は、どうしようもなく暖かい

恋愛(ピュア)

白雪もあ/著
君と過ごした世界は、どうしようもなく暖かい
作品番号
1689695
最終更新
2024/07/07
総文字数
109,277
ページ数
156ページ
ステータス
完結
PV数
7,336
いいね数
3
君に出会うまでは私の世界は真っ暗で


人を信じるのが怖くなった


私はひどくて冷たい人間だと思った



でもそんな時彼と出会った


_____君は必要な人間だよ


暖かくて、優しくて、切ない人


いつも笑っているのに時々寂しそうな顔をする


そんな彼の事をもっと知りたくなった


あまりにも優しくて愛おしい人


私の世界をあなたが変えてくれたんだよ


「…ごめんね、もういかなくちゃ」


けれど世界はあまりにも冷たくて


そんな彼を奪おうとする
あらすじ
高校2年生の冷は日々つまらない毎日を過ごしていた。

中学3年生の時、唯一の友達から自分は嫌われているということを知る。

そこから自分の名前をコンプレックスに思い自分なんてと卑下するようになってしまった冷。

ある時、「暖」という人間に出会う。

優しくて暖かい、今までに出会ったことのないような存在の暖に冷は少しづつ惹かれていった。

けれど暖には切ない秘密があることを知り___。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop