バイキングはそれはそれは美味しかった。
普段食べてるのって、和食が多かったから、とても新鮮なバイキングであたしは大満足。


「食べ過ぎてやばい」

「皐月ちゃんデザートいきすぎちゃう?」

「だって美味しかったんだもん」

「杏ちゃん胃下垂?すごいお腹出るね」

「せやねん。おかげさまで太らへんけど。スカート脱ぎたい」


ウエストゴムのやつにしたんやけどな。ちょっとこれでも苦しいわ。


あーおいしかった


部屋に戻って即ゆるい格好に着替える。
3人で一つのベッドに転がりお話をする。


「杏ちゃんは、お嬢様だったんだよね?」


家のご飯は、今日のバイキングみたいな感じなの?と皐月ちゃんが聞いてきた。


「そんなんちゃうで。まぁ…フルコースみたいなんでてきてたけど、あたしはそういうの好きじゃなくて、志木のお母さんが作ってくれる家庭の味!みたいな料理食べてた」


食堂でみんなで食べることはせんかったからな。


「そっか…杏ちゃんの昔の話も気になるなぁ」

「ほんま?全然話してもいいけど、野蛮なだけやで?」


ついつい自分でも苦笑いしてしまう。
あの頃の自分を思い返すと、ほんと野蛮。