音無くんは、今日も図書室で歌う

恋愛(ピュア)

ゆん\★//著
音無くんは、今日も図書室で歌う
作品番号
1638842
最終更新
2021/05/29
総文字数
8,857
ページ数
18ページ
ステータス
完結
PV数
2,960
いいね数
2
図書室なんてあっても誰も使わないような、そんな荒れた高校。

私はそんな高校で、何か違うと思いながらも周りに合わせて過ごしていた。

そんな時、歌が聴こえた。

音楽室ではなく、図書室から。
静かにする場所の象徴とも言える図書室。

なぜこんな所から歌が聴こえるのか。

胸が高鳴るほど綺麗な歌声。
好奇心に駆られ、一度も踏み入れたことはなかった図書室に入った。



そこに居たのは、同じクラスの音無(オトナシ)くん

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

わあああああああああああああああああ
めっちゃ遅くなったし感想もめちゃくちゃお久しぶりで申し訳ないです😢

うわああああああああ、もう、、めっちゃ好きです、、、🤦‍♀️
音無くんが初めて作った曲が好きっていうのを天音ちゃんは音無くんに言ってないのに音無くんは天音ちゃんの表情を見てそのことに気付いてるのがめっちゃきゅんきゅんしました、!!
それにもう、、歌の歌詞が最高すぎて😭😭😭
良すぎてめっちゃ鳥肌立ちました、、

ゆんさんが書く文章がめっちゃ好きです!
また何か書く予定があるなら絶対すぐ読みます!笑笑

2021/07/18 17:18

ゆんさぁぁん
音無くん野いちごにもいたぁぁ!
ゆんさんのお話本当におもしろいです!
これからも頑張ってくださいね!
楽しみにしてまぁす!

2021/05/26 19:48

この作品のひとこと感想

すべての感想数:4

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop