赤鬼と黒い蝶

恋愛(キケン・ダーク・不良)

彩音/著
赤鬼と黒い蝶
作品番号
1611709
最終更新
2024/04/01
総文字数
151,884
ページ数
190ページ
ステータス
完結
PV数
13,951
いいね数
0
 ――花の如く
 散るが定め――

 ――白い雪が、赤き血に染まる
 もう……戻れない――


 *****

【主な登場人物】

斎藤紗紅《さいとうさく》16歳
レディース『黒紅連合』総長

斎藤美濃《さいとうみの》17歳
紗紅の姉、家族想いの優等生

織田信也《おだしんや》20歳
紗紅の交際相手
元暴走族

織田信長《おだのぶなが》
戦国武将

明智光秀《あけちみつひで》
戦国武将


 ※この小説はフィクションです。
 実在の人物、団体、事件などには一切関係はありません。
 ストーリー上、作中に一部未成年者の飲酒喫煙、暴力行為等が含まれていますが、未成年者の飲酒喫煙は法律で禁止されています。本作品は犯罪行為を助長するものではありません。
(尚、平手紅とは歴史上に存在しない架空の人物です)

 ※参考文献Wikipedia 時代背景となる歴史的文献は一部引用。
 ※手話辞典 谷千春監修 池田書店
P139に一部“引用”

 ※本作品は歴史的文献を参考にしたフィクションのため、文献(史実)とは異なるオリジナルストーリーです。


投稿日 2021.10.8 一括公開
    2022.1.25 非公開 

再公開 2023.12.21 加筆修正中
 ※令和の時代に暴走族の特攻服とか時代設定が結びつかないと思ったので、2016年の設定にしてありますが、2016年も特攻服とか結びつかないかもですね。^^; 暴走族、特攻服、乱闘、まるで昭和のヤンキーのようですが、ご容赦下さい。

 ※本作は予告なしに非公開にする場合もあります。
あらすじ
 暴走族『黒紅連合』レディース総長、紗紅。暴走族同士の対立に巻き込まれ、暴行され言葉を失った姉、美濃《みの》とともにタイムスリップした場所は、戦国の世だった……!?
 紗紅は織田信長の元で、男と偽り仕える。美濃は病に伏せた帰蝶(濃姫)の身代わりとなり、織田信長に輿入れすることとなるが……。
 史実を知っている二人は、果たして本能寺の変を回避することができるのか……。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop