ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生

    君が記憶喪失になる前に渡した絵はどうなったのだろうと思う。


    「潤!約束してた絵が描けたよ!」私は絵を渡す。
    「ありがとう。」君は笑ったよね?

    ねぇ。覚えてる?
    私は覚えてるよ...

    潤。君に好きだったって言いたかった。
    だから、昔話でもしようか...

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 体育館

    誰より頑張ってる彼に、いつのまにか恋に落ちた。




    今日の部活は終わったのに、ボールの弾む音が体育館に響く。
    明るい茶髪に真剣な眼差しが似合わなくて、私は思わずボールを拭いていた手を止めた。

    男バスのマネージャーになって、もう1年が経つ。
    その男バスの次期エースと言われるのが、只今練習中の彼、今井。
    私の視線に気付いた彼が、ニッと笑った。

    「なになに近藤ちゃん。見惚れちゃった?」
    「なわけないでしょ」

    今井は、チャラ男である。

    最初は苦手だったけど、1人残って練習する彼を見てからは、苦手意識はいつのまにか恋心に変わっていた。
    ボール拭きを建前に、練習後一緒に帰るのが最近の楽しみ。

    「冷たいなー」

    彼の手を離れたボールが、綺麗な弧を描いてゴールに吸い込まれる。スリーポイント。さすがだ。

    ボールが床に落ちると、今井が私を振り返った。







    「次のシュート入ったらさ、」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 髪クシャ

    彼と私はいつも二人で登校してる。


    でも、特別な関係とかじゃないよ?


    幼馴染みたいな。


    でも、並んで歩くと、顔が近くて
    ますます意識しちゃう…。


    「何見てんの?」


    彼が私の顔を覗き込んだ。



    「べ、別にぃ?」


    私は思わず顔をそらした。

    照れ隠しね。



    「え?なんで顔そらすのー?」


    彼は少し大きい声で言った。


    「!?ちょ、声大きい!!」

    口元に指を当てて、静かにしてと合図を送ると、


    「その焦った表情、可愛い」

    と、私の頭をくしゃくしゃしながら、
    彼も顔をそらした。


    少し覗き込んで見た
    彼の顔は、真っ赤に染まってた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「学校祭」の作品一覧・人気順
キーワード 学校祭
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
12件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す