ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 教室

    俺には彼女がいる。でもそれは本物の彼女じゃなくて…

    キーンコーンカーンコーン

    お?あれは…凛じゃねえか?てか…隣の男誰?なんだよ…楽しげに話しやがって

    「おい、凛。ちょっとこっちに来い」

    「え!?なになに急に、どこ行くの?隼人、手…痛いよ…」

    ドンッ!

    「今日放課後廊下で話してた男だれ?」

    「え?誰ってクラスの男子だよ?」

    「で?あんなに楽しそうに喋ってたわけ?」

    「うん。話が盛り上がっちゃってねってそれがどうしたの?」

    「まだわかんねぇのかよ…。お前鈍すぎ…。まぁそこも可愛いけど…」

    「うん?」

    「俺がヤキモチ焼いてるのわかんない?」

    「え…ても、隼人は私のこと好きじゃないんでしょ?この前言ってたし、それに偽彼氏なんて嫌々してると思ったから…」

    「そんな好きな女の前で堂々と好きって言えるかバカッ…。ムカついたから俺のこと好きになるまで帰さないからな」

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン

    俺の好きな子はいつも一緒にいるグループのドジだけど笑顔が可愛い女の子

    俺たちは小さい頃からの幼なじみで!
    俺は昔から架乃のことが好きだった。

    でも架乃は大輝のことが好きなんだろな〜

    よく2人で話してるのを見るし、大輝は架乃のタイプにドンピシャだしな〜


    「はぁ...俺まじでど〜すりゃいいんだよ..」

    「壱馬どうしたの?」

    「架乃!?あ、いやなんもね〜よ」

    「本当?なにかあったらいつでも話聞くからね!」

    はぁ〜まじで架乃可愛すぎだろ!

    「お、おう/////」

    「そ〜だぁ!壱馬!一緒にアイス食べいかない?」

    「行く」

    「やったぁ!」

    「 まじで架乃を誰にも渡したくね〜」

    「壱馬何か言った?」

    「なんにも」

    「そっか!じゃあ、早く行こぉ〜!」

    「おう!」


    覚悟しろよ........架乃

    絶対に俺に惚れさせるからな

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 校門
    • 後ろからギュッ

    「明奈ちゃん、この後暇?」
    「この後はちょっと…」
    「少しくらい良いじゃん?ね?」
    「ちょ…!?」
    先輩に腕を引かれそうになった時。
    「…明奈、お待たせ」
    「…薫君!?」
    後ろからギュッと抱き締められた。
    「ごめんね、遅くなって」
    「うんうん、大丈夫だけど…」
    頭をポンポンと撫でる薫君。
    「…ていうことで、俺の明奈に近づかないでもらえますか、先輩」
    先輩は悔しそうに行ってしまった。
    「…あ、ありがとう」
    「俺の方こそ遅くなってごめん。何もされなかった?」
    「うん、大丈夫だよ」
    「そっか。明奈は可愛いから本当に困るよ」
    「…なっ、何言ってるの!?あたし可愛くなんて…」
    薫君はチュッとキスをした。
    周りがざわついたのが分かり慌てるあたしをよそにニコニコしている薫君。
    「…これで俺のだって少しは証明出来たかな」
    彼は頬にもチュッとキスをした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「トモダチ」の作品一覧・人気順
キーワード トモダチ
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
70件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す