ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 目が合う

    授業中、隣の友達と問題を話合っていると、なんだか後ろから視線を感じて見てみると、同じクラスの男の子がぼーっと私の方を見ていた。

    ー私?

    不思議に思って、ぎこちなく笑って見せると、何もなかったかのように彼は黒板の方に向き直した。

    ーあ、私じゃなかったのか。

    急に恥ずかしくなり耳が熱くなりだす。もう、人と目合っても笑うのやめよう。



    「ーさん」
    「え?はい」

    授業が終わると、さっき目があった気がした彼が私の前の席に陣取ってさっきの授業のノートを開く。

    「ここ、わからなかったんだ。教えてよ」
    「う、うん…」

    真剣な眼差しの彼に私も自分のノートを使って一生懸命説明していると、また視線を感じて、顔をあげる。

    すると、

    「…えっと」

    目があった瞬間、彼の顔が急激に赤くなるのがわかった。

    目が反らせずにお互い真っ赤になる。

    「ご、ごめんね、つい…」

    「いや…私も…」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 後ろからギュッ

    「ゆうとー?あれ?いない」



    ほんっとあっちから呼び出しておいて



    「れーいか」



    ギュッ




    「ゆ、ゆうと?!」




    「びっくりしたぁー?」




    「びっくりしたよ。あ、そう言えばなんで呼び出したの?」



    「れいかを呼び出した理由は、れいか。好きだ付き合って」




    え、

    「ぇぇぇえええ?!」



    まさかの事態



    え?え?え?告白っ?




    1回冷静になろう。




    「ゆうとはあたしのこと好きなの?」



    「うん。」




    「...ごめん。あたし好きな人がいるの。ゆうとはずっと幼なじみとしか思ってなかった」





    「知ってた。でも気持ち伝えられてスッキリし
    た。」





    「うん。」



    「じゃあね。れいか」


    「うん。じゃあね。」


    なんでだろ。なんで素直になれないかなぁあたし

    ゆうと、本当は大好き

    ごめんね素直になれなくて

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 屋上

    「先生!」

    私の初恋…それは高校時代の国語の先生。
    新任で真面目で几帳面、でも実は煙草中毒な先生。

    「宇佐見!久しぶりだな。卒業してからだから6年ぶりだな。」

    「そうですね!私、夢だった編集者になれました!」
    そう言うと先生は自分の事のように喜んでくれた。でもね、今日はもっと大事なことを伝えに来ました。

    「先生、私、成人しました。就職しました。自分磨きもしました。
    だから、その、付き合ってください!!」

    やっと言えた。高校時代からずっと封印していた言葉を。

    「俺、オッサンだぞ?いいのか?」

    そういう先生はまだまだカッコイイ31歳。

    「勿論です!」

    やっと叶った。高校時代からずっと望んでいた関係が。

    何年経っても先生の癖、声、笑い方。全然変わってない。
    変わったことと言えば、先生に纏わりつく煙草と珈琲の香りがいい香りだと感じられるようになったことくらい。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「失敗」の作品一覧・人気順
キーワード 失敗
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
47件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す