ケータイ小説 野いちご

19の夏~私の愛した殺人鬼~


「あぁ、実は先日殺人事件が起きたんだ」


 さっそく本題へ入れることにホッとしながら、幸也は口を開いた。
しかし、


「殺人は人間の仕業だ。警察がどうにかしてくれるだろ」


 と、すぐにネコが話を遮った。


 空になったコーヒーカップに、また真っ黒な液体を注ぎ込む。


「俺の父親は警部だ」


「じゃぁ、いいじゃないか。何のために現実主義の警察がここへ来た」


 ネコの口調は冷たく、突き放すようだった。


 元々そんな話方をしていたけれど、警察の話が出てきた途端に冷たさを増した気がする。


「坊ちゃんよ、ネコを冷やかすのはやめときな。あのメールの内容に警察沙汰だなんて書いてなかったじゃねぇか」


 冬我が、火のついていないタバコをくゆらして言う。



< 78/ 356 >