ケータイ小説 野いちご

頭脳派少女と単純馬鹿がタッグを組むそうですよ!?

「全く…此処は何処…?」


岩が連なっているダンジョン。

黒髪の少女は最悪にも道に迷ってしまったのだ。


「…家に帰りたい…。」


そう呟くも叶う訳はなく。

ドボドボ、とゆっくり歩き出す。


ピタッ。

少女の耳に誰かの声が聞こえた。

しかしこれで捕まってしまっては
元も子もない。

そう思い出来るだけ近づいて
見つからない距離に居ようとした。

岩陰に隠れてナイフを手に構える。

武道に自信はないが無いよりかはマシだろう。


(…なっ!?)


少女がそう思ったのは当然。

フードを被った少年が一瞬でかなりの大人数を
ぶっ倒したからだ。

フードで顔は見えないが此奴に関わらないように。

そう思って逃げようとしたその時。

彼のフードが風で脱げる。

その顔を見た瞬間に少女の体は固まった。

何故ならお尋ね者の少女だったからだ。


「ねぇ君。君って頭いいでしょ?」


少女は返事をしない。

手で口を覆い息を殺す。

見つかったら終わりだと思ったからだ。

ふと、誰かに肩を叩かれる。

振り返るとお尋ね者の少女が立っていた。
 

「ボクと組まない?」


『…え?』


少女の口から思わず素っ頓狂な声が出る。





























それが二人の最悪の出会いだった。

< 2/ 4 >