ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

暗黒王子と危ない夜



「んで? お前が求めてた情報は得られたのか?」

「残念ながら空振り。要らないから、慶一郎さんにあげた」

「そうか。…… 次は、手がかり掴めるといいな」

「……うん」





三成くんが前を向く。

夕日に当てられているせいか、二人の横顔が寂しげに写って、胸が詰まった。




ふと、本多くんがあたしを見た。

逸らしたくなる。

悲しい瞳をしている気がして。

だけど。





「慶一郎さんには、内緒だよ」




向けられた いたずらっぽい笑顔は、憂いなんて少しも感じさせないものだったから。





「おれの新しいスマホは、経費で落とされることになってるから」





あたしはまだ、本多くんの本当の苦しさに

気づくことができなかったーー。


< 211/ 461 >