ケータイ小説 野いちご

櫻の園


「うそ…」

佳代先生の言葉が頭に到達するまで、しばらく時間がかかった。

ジワジワと込み上げてくる喜び。



─"桜の園"が、できる。



「やったぁ〜!!桃〜っ!!」

「信じらんないっ!!あたしたち、できるんだよ!!」


あっと言う間に広がっていく笑顔。

あたしたちは手を取り合い、嬉しさのあまり抱きしめ合った。


あたし、できるんだ。

諦めなくて、よかったんだ。

涙が滲む。嬉し涙なんてハッキリ名付けられる涙を流すなんて、本当にいつぶりなんだろう。


あたしたちを微笑んで見ていた佳代先生の顔もきっと、あたしのくしゃくしゃな顔とそっくりだった。


「今日の放課後からさっそく厳しくやるわよ!全校中に恥ずかしいもの見せるわけにはいかないんだからね!!」

「はーいっ!!」



世界は眩しかった。

空も、木々も、太陽も。全てがあたしに向かって、微笑みかけている気がした。


授業中だなんて少しも気にせずに、あたしたちはいつまでも喜び合っていた。





──時は過ぎ行く。


桜の園の中に、そんなセリフがあった。



伝統、過去、重い鎖に縛られていた日々。


長く止まっていた時の流れ。



ようやく動き出したその流れは、あたしたちにやっと、芽吹きの春を連れてきたのだ。












.

< 154/ 193 >