ケータイ小説 野いちご

いつか、このどうしようもない想いが消えるまで。




「柊哉くん!」



背後から叫ばれた声に、肩がビクッと震えた。


何年振ぶりに聞くかもわからないその呼び方に。

痛みと懐かしさが交差する胸を抱えながら振り返れば、今にも泣き出しそうな目で俺を見つめる……小野美鈴の姿があった。



「……なんだよ」



言って、すぐに理解した。


ああ、そうか。

俺の犯した事件は、あっという間に校内中に広まって。

聞きつけた小野美鈴が俺を捕まえにでも来たんだろう。

そんなことが出来るのは、この高校で小野美鈴だけだ。


自分だけは俺に意見出来るという態度にうんざりしつつ、フェンスに視線を戻す。



白鳥と小野美鈴の逢瀬を見たときは、久しぶりに自分の中で燃え上がるような感情を覚えた。

ずっと抱えていた後悔にも勝る、憎悪。


兄さんを死に追いやった"共犯"の俺は、小野美鈴を憎み続けることで自分の罪から目を背けていた。

だから、小野美鈴が悪い女であってくれるほど、俺は自分を保てた。


反面、こんな女と付き合っていた兄さんが不憫で……。

どうしていいか分からない感情が俺を卑屈にさせた。


でも、そんな小野美鈴も兄さんの死に苦しんでいたなんて聞かされて。

そんなこと聞かされて……今までの俺の想いはどうなるんだよっ……。


< 350/ 389 >