ケータイ小説 野いちご

いつか、このどうしようもない想いが消えるまで。




「あたしはなんにもしてないよ。ぜーんぶ、美優の力だよ!

あたしだって教えてもらったもん。愛されてる人の側にいる方が絶対に幸せだと思ってたけど、そうとは限らないんだね。

誰かを強く想うことで、心まで強くなってこんなにも輝くんだって思い知らされた」


「……万葉ちゃん……」


「なんたって、あの美優が告白までしちゃったんだから」


「万葉ちゃんっ……!!」



思わずギュって抱きついた。

周りからどんな批判を浴びても、ただひとり、万葉ちゃんに認めてもらえたことがうれしくて。


自分の気持ちに正直になって、ほんとに良かった。



「すごいよすごい」



そう言うとまたあたしをギュって抱き締めてくれて、頭をグリグリ撫でられた。



「うわあっ、髪の毛が……」



咄嗟に頭に手を乗せると、蜘蛛の巣みたいにもさもさになっている。

それを見て、あははと声をあげて笑う万葉ちゃん。


そんな笑顔を見てたら……。

あたしはひとりじゃない、恋に破れても大好きな親友が側にいてくれる。

それってなんて素敵なことなんだろう。


落ちていたはずの心に、温かな火が灯った。



「そうだっ、万葉ちゃん授業どうする!?」



気が緩んだら、今が授業中なのを思い出す。

あたしはともかく、万葉ちゃんまで巻き添えにしちゃったなんて大変!



「ん?授業?そんなのこのままサボっちゃえばいいよっ!」



イタズラな瞳でウインクする万葉ちゃんに。



「そうだねっ」



たまにはこんな日もあってもいいかもねって、ふたりであははと声をあげて笑った。


< 347/ 389 >