ケータイ小説 野いちご

いつか、このどうしようもない想いが消えるまで。




ドクンッ……。


黒崎くんと目が合い、蘇る昨日の出来ごと……。


唇が、熱くなった気がした。



ふいっと先に目をそらしたのは黒崎くんの方。


そして、



「こんな女しらねえよ」



興味もなさそうに吐き出すと、靴のかかとを踏みつぶしたまま外へ出て行く。



「あ、待ってよ~」



そのあとを追いかけるように彼女たちも慌ただしく出て行き。

玄関は嵐が去ったように静かになった。



取り残されたあたしは、しばらくその場に立ち尽くす。



うそつき。

知らないってなによ。

あたしになにしたかわかってるの?



嘘の告白をして、無理矢理キスして。



──こんな、女。



あたしは。


"こんな女"とあたしを呼ぶような人に、キスをされたんだ。



その事実が悔しくてこみあげてくるものが我慢できなくて、涙が一筋零れた。


< 51/ 389 >