ケータイ小説 野いちご

櫻の園


「コンクールに出たくないワケでもあるの?」

やっとのことでオーディションが終わり、人気を感じさせなくなった控え室。

カツカツと尖ったヒールの音を立て、部屋に入ってきた若松先生は苛立ったオーラを隠すこともせずあたしの前に立ちはだかった。



「……何度も言ってるわよね。あなたの演奏法じゃコンクールでは勝てないの」

今じゃ進級すら危ういわ、吐き捨てるような言葉たちは、

あたしの耳をただ単調に通り抜けていく。


まるでため息をさらうように、ドアの隙間から、

ツンと鼻をつくような古い匂いを含んだ風が吹き抜ける。



……いつからだろう。

先生とのズレが生じてしまったのは。ヴァイオリンの弦が重くなったのは。

心から楽しめるものと、期待されるものが違ってきてしまったのは。


.


< 2/ 193 >