ケータイ小説 野いちご

妖の王子さま




「白玖は、どこに行ったの?」




蒼子は、志多良に尋ねる。
屋敷に戻ってきてすぐに出かけたまま帰ってきていないのだ。
また、どこか渡り歩いているのだろうかと胸を痛める。

胸を痛める理由なんてないはずなのに・・・。
蒼子は自分の心がよくわからなかった。




「白玖さまは、少し所用があってもうすぐ帰ってくると思う」

「そうなんだ」




志多良の言葉に、仕事の一環なのだと思った。
遊び歩いているのなら、志多良ははっきりそう言うだろう。
少しだけ、ホッとした蒼子だった。




「蒼子さま、やっぱりあの狐が気になるのか?」

「気になるって・・・」

「・・・蒼子さま。俺が側にいながら、本当にすみませんでした」

「牛鬼・・・。牛鬼のせいじゃないよ。気にしないで」



牛鬼は戻ってきてからというもの、ことあるごとにこうして頭を下げる。
蒼子が浚われた責任を感じていた。




その時、襖が開かれ白玖が姿を現した。





< 175/ 381 >