ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

in the クローゼット


「愛ちゃーん! 一週間ぶり!」


 教室で倒れてから一週間後。
 ようやく登校してきた舞は、一番に元気な姿を私に見せてくれた。


「毎日プリントありがとね。うつしちゃ悪いからって会わなくてゴメンね!」


 舞が両手を合わせて拝んでくるけれど、私は首を横に振る。


「ううん、いいって。仕方がないよ」

「あー! 舞、もう風邪大丈夫なの? インフルエンザだったんでしょ」


 教室の入り口付近で話していると、舞を見つけたクラスの女の子たちが寄ってきた。


「元気にしてた?」

「今日もう終業式だよー。今日も休んじゃえばよかったのに」

「そうしようかとも思ったんだけど、次みんなに会えるのがいつか分かんないしさ」

「そうだねー。じゃあさじゃあさ、冬休み中にみんなでカラオケ行こうよ!」


 すっかり友達に囲まれてしまった舞は楽しそうで、私はもみくちゃにされる舞を見て笑ってしまった。


「あ、でも。今日の大掃除、舞は中庭じゃなかった?」

「そうじゃん。舞、病み上がりなのに! ぶり返しちゃうよ」

「誰か、代わってあげれないの? 私も中庭だからな……」


 そう言ったのは、例のエレベーターのことを教えてくれた香坂さんだ。

< 27/ 393 >