ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

第2回野いちご大賞

野いちご学園

2017年12月11日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 俺様男子
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 壁ドン

    あ、やっと来た。約束より十分遅刻な。

    そこまで怒ってねーよ。

    なんで遅刻したんだ?

    先生からの呼び出し?お前人気者だな。

    うそうそ。お前の反応おもしれーんだよ。

    そんな怒るなって。

    え?なんの用で呼んだのか?

    俺が呼び出したら悪いか?

    まぁ…お前への大事な用事でな。

    ダンッ……__

    俺お前の事見て気に入ったんだよ。

    俺の彼女になれ。

    突然言われてもって俺は今お前しか見れねーんだよ。

    俺はお前が好きだ。だから…さ、俺と付き合えよ。

    真剣。超真剣だよこっちは。

    お前が嫌って言うなら俺は絶対オトしてみせるけどな。

    え?いいのか?本当に?

    ギュウッ……__

    あー……

    すげー緊張した。

    もしフラれたらどうしようかと思ってた。

    でも本当にお前しか見れてねーから。

    俺だって緊張すんだよ!悪いか?

    か、可愛いって…それはお前だからな。

    お前の事離さねーよ

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    今日は高校の卒業式。
    私は卒業したら上京するつもり。
    …だけど。
    「さやかは東京のどこに住むつもりなん?」
    私の彼氏のまさや。私が上京するっつってんのに心配さえしてくれない。
    「新宿らへんって言ったべや。もうあっち行って」
    「おー怖い怖い」
    ほら、そう言って茶化す。
    「もうまさやなんて知らん」
    もうまさやの顔も見たくない。
    私が帰ろうとすると。
    「さやか…」
    後ろから私を包み込むように抱きしめた。
    「まさや、離して」
    「…いで」
    「は?」
    「行かないで」
    そう言って抱きしめた手を強くする。
    「さやか…行くなよ」
    「全く。ツンデレなんだから」
    私は振り返って大きく手を広げた。
    「どーんとこーい!」
    「さやか!!!」
    もう、まさやと会えない日が続くのかと思うと胸がチクチクと痛む。
    今度は目に焼き付けるようにまさやの顔を見つめた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    いつも通りにあたし菅原 莉乃は部活が終わって帰ろうとした。
    すると何やら視線を感じる。
    はぁ…またか…
    「琉偉‼︎何してんの⁇」
    そう毎日のようにあたしの教室にいる
    山口 琉偉。あたしのちっちゃい頃からの
    幼馴染。しかも学校一のイケメン。
    まぁ今はこんな事言ってるけど、あたしは
    小さい頃からずっと好きだった
    多分琉偉は気づいてないけどね笑
    「なんだよ〜一緒に帰るぞ」
    「うるさい‼︎どうせあたしの事なんか〜」
    そう言ってあたしはぶつぶつ不満を言っていると
    急に後ろから抱きしめられた
    「そろそろ信じてくれないかなぁ〜
    俺は莉乃が、本気で好きなんだけど。」
    う、うわぁああ‼︎嘘?嘘だよね?
    「あ、え、えっ〜と…」
    心臓が壊れる〜‼︎
    「ます莉乃は俺がすきなの?」
    あたしは頷いた。
    すると琉偉はびっくりした顔をして赤くなった顔を隠した。
    「じゃあかえるぞ!!」
    そしてあたしの恋は実りました‼︎

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

in the クローゼット (中咲ホコロ/著)

野いちご処女作の改稿版です。

  • >氷月あやさん
    はじめまして、宣伝を目に止めてくださっただけでなく、感想&レビューまでありがとうございました!
    止まらなくなるほど入り込んでいただけたなんて、光栄です。
    難しいテーマでしたが、本当に書いてよかったです。

    中咲ホコロ   2015/12/31 23:04

  • 初めまして。
    宣伝BBSから参りました。

    毎日少しずつ読ませていただいていたんですが、舞ちゃんが引っ越すあたりからはもうページをめくる手が止まらなくなりました。

    簡単には答えの出せないテーマですね。
    一生懸命に悩んで恋する愛ちゃんと稲葉くんはとても人間らしいと思いました。

    打ち明けて、ぶちまける。
    恋心は、受け入れられないとしても、認めてもらえる。
    それができる相手に出会えたことを実感できるラストは、切ないけれど爽やかでした。

    うまく感想をお伝えできずに、すみません。
    とても印象的な作品を読ませていただき、ありがとうございました。

    氷月あや   2015/10/22 15:25

  • >Dorothyさん
    お久しぶりです!
    またこうしてコメントをいただけるなんて夢のようです。
    ときどき修正を入れているのでご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、最後まで楽しんでいただけたら幸いです。
    ありがとうございます!

    中咲ホコロ   2014/09/08 23:36

  • 久しぶりですね!

    まだ全然読んでないけど、はやく感想かきたくてきちゃいました笑

    めちゃめちゃ読みやすいですね!
    スラスラっと文字が頭に入ってきます!

    棚inしてゆっくり読んでいこうと思います!
    この話にめっちゃハマっちゃいました笑


    ではまた今度。

    Dorothy(退会)
    2014/09/07 17:36

  • >星呼さん
    はじめまして。
    感想ありがとうございます。
    好きだと言っていただけて、本当に嬉しいです!
    少しでも前向きな気分になる話にしたかったので、爽やかと感じていただけてよかったです。
    本当にありがとうございます!

    中咲ホコロ   2013/03/19 19:24