ケータイ小説 野いちご

冷酷彼氏の憂鬱

●理由を聞くんです

「寺本くん!」

「黙れ」


 即答ですか。

 やっぱり、私のことなんてもう……。

 うう、負けちゃダメだ!

 ちゃんと理由を聞かなくちゃ。

 今回はいつもより冷酷さが増しているから、絶対に何かあったはずなんだ。

 それが悩みごとなら、私にも解決できることなら、手伝いたい!

 だって、私、仮にも恋人なんだし!

< 39/ 65 >