ケータイ小説 野いちご

冷酷彼氏の憂鬱

●一段落なんだが

「里倉……。本当に悪かった。また、俺と付き合ってくれるか?」


 俺が問うと、里倉は悲しそうな顔をして首を横に振った。


「……そうか、そうだよな。分かった」

「違うの……!」

「えっ?」


 あれだけ冷たくしたのに、俺にはまだ希望が残されているというのか?


「私、さっき、吉良先輩に告白されて……まだ返事、してない」

「そんなのしなくてもいいだろ」

「よくないよっ。だから、先にそれを終わらせてからじゃないと、吉良先輩にも悪いし……」


 はぁ。

 コイツはとんだお人よしだよ。

< 28/ 65 >