ケータイ小説 野いちご

芸術的なカレシ

筆?






次の日、土曜日。

拓は相変わらず朝は早くて、昨夜モヤモヤのまま眠れなかった私は、拓に叩き起こされる羽目になった。
まったく、人の気もしらないで、昼は何食おうかー、とか、映画でも観るかー、やっぱりちょっと画材見に行きたいなーとか言ってる。
なんか、浮き浮きしていてイライラするな。
卑屈になっている自分も嫌だけど、こんな気持ちなのは拓のせいっていうか「べに」のせいなのだ。



「たまにはオシャレしろよ」


そう言う拓だって、一張羅の黒いニットにブカブカのデニム。
伸ばし放題の髪は、後ろで一つに纏められている。

けれど、悔しいかな、拓はこのラフさが様になる。
かっこいい、のだ。



「あんたに言われたくないし」


「いいけどね、別にオレは」


別にいいなら言わなくてもいいんじゃないですか?
何を今さら。
こっちは誰かさんのせいで寝不足なんだ。

私は不機嫌にドレッサー(のように仕立てた100均の鏡)の前に座って化粧を始める。
服はいつものネルシャツにデニムのスカート、リブ素材のレギンス。
そしておだんご。
もはやおだんご頭は私のトレードマークだ。
何が悪い。
スカートをはいているだけいいじゃないか。

ああ、ファンデーションもうまくのらない。
アイラインもカスカスになる。
鏡で見る自分の顔。
頬には赤みもないし、張りもない。

年だなあ。
そう思うと悲しくて泣きそうだ。
「べに」は若いんだろうか。
また、そんなことを考える。








< 26/ 175 >