ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • あなたの憧れEpコン
    • 部活中
    • 体育館
    • 髪クシャ

    茅琉『はぁー今日も部活』

    海音『またため息付いてん』

    茅琉『うるさい~』

    この人は海音

    珍しく女子が集まらない理由集まる人が3年生女子だから3年生は本格的受験真っ只中に入ってるそんな中1人の女子が見ている

    女子1『馴れ馴れし海音くんに』

    茅琉『っッ私の家柄分かる』

    女子1『言ってられるの今だけ』

    その喧嘩の声に3年生女子が集まってきた

    女子1『あの子生意気なんだよ』

    女子2『はい?茅琉様なんて』

    女子1『ん?』

    女子2『財閥のお嬢様よ!茅琉様に生意気とか早いんだよ』

    女子3『茅琉様大丈夫ですか?』

    私の家が財閥と有名で恐れをなしてる先輩女子も多いのだ

    海音『茅琉、このあとどっか行こう』

    頭くしゃっ海音はする

    茅琉『はずかしいやん』

    茅琉『そうね先輩ありがとう』

    女子2『茅琉様にお礼言われるなんて』

    女子3『やばい』

    ちなみに海音と茅琉カレカノ

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 壁ドン&告白

    「ねーねー、美優ちゃん。早く俺のものになってよ〜」

    「嫌です、チャラい人は尚更」

    「ひどいなー」

    ぐっ…カッコイイ…なんでこんなに好きなのに素直になれないかなぁ…

    「ホントのことですから」

    「でも、オレ繋がってた女の子全員と切ったよ?」

    「っ…え?」

    そんなわけない…よね、一瞬でも信じかけた私はバカだ

    「嘘だと思ってるでしょ?本当だよなんならスマホ見る?」

    「いや…大丈夫…ですから」

    「そんなに俺、信用ない?これでもすっごい本気なんだけど。こんな女の子、初めて」

    突然腕を掴まれ、壁に押し付けられる

    ドンッ

    へっ…?

    「せん…ぱい…?」

    いつも余裕のある顔が崩れ、今では余裕のない表情だ

    「こんな気持ちになったのは、彩華が初めて」

    顔が赤くなっていくのを感じる

    「好きだよ、彩華」

    「っ…!」


    「俺のものになって」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    “弟”だと、思っていた幼馴染みは“男”だった。
    「ねぇ、それなに?」
    トンっと肩を押され、簡単に押し倒された。
    押し返そうとしてもびくともしない。
    “それ”と言われて触れられたのは
    鎖骨辺りで、最初は触れるだけだったのが、
    緩く撫でられて声が漏れる。
    「んんっ、、」
    わけの分からない顔をした私に
    何故か怒ってる彼は、
    「無防備なのは俺の前だけにしろよ。」
    なんて言って
    撫でていた鎖骨辺りに顔を近づける。
    緩く息がかかって、
    ぬるっとしたものが鎖骨をなぞった。
    それが“なんなのか”を考える暇もなく
    じゅるっと吸われて、
    痛みと甘さと、
    それからお腹の奥の方が疼く感じがして
    自分のものなのか分からないくらいの
    甘い甘い声が漏れた。
    「あ、、や」
    「…煽ってんの?」
    そう言われて、甘く甘く唇を奪われる。
    「お前が俺以外見てないと油断してた。
     でも、お前には俺しかいないと分からせないとな。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

芸術的なカレシ (戸川れん/著)



  • > 大野ソイさま


    はじめまして!
    感想ありがとうございます!

    実はもう、何ヵ月かぶりにこのサイトを開きまして、気がつくのが大変遅くなってしまいました(T_T)(T_T)(T_T)

    そんなわたしの作品をまだ読んでくださる方がいらっしゃるなんて、、、、とっても感激です!
    ありがとうございます(*^^*)

    案外、拓は人気がなく、作者としては申し訳ない思いです(笑)
    わたしは好きなんですけどね拓みたいなダメンズ(笑)

    大野さまに感想をいただいたことをきっかけに、
    今日からまた、頑張りたいと思いました!

    戸川れん   2016/10/15 21:32

  • はじめまして。
    大野ソイと申します。

    タイトルに惹かれて読み始めてみたのですが、脇役さんが魅力的でヒロインのかわいさを引き立てている面白い作品でしたね〜
    個人的には拓史くんみたいなタイプの男性より嶋田くんのような方がいいな、と思うのですが、一緒に過ごした年月で培われた気持ちは、常識や損得では計れないものなのかもしれませんね。

    これからも、素敵な作品を作っていって下さい。

    大野ソイ   2016/09/26 23:30



  • >樹海そらさま


    こんにちは!
    素敵なレビューに気がつくのが遅くなってしまって、お返事が…!!!
    大変申し訳ありません~(T-T)

    そうなのです!
    日々の何気ない関係とか、暖かい空間とか、そういうの。
    すぐ忘れてしまうんだけど、失うのって、すごく辛い。

    長い年月を誰かと過ごしていると、忘れてしまいそうになる。
    大事にしないと。素直にならないと。
    そう思っても、女はなかなか、意地があって…(笑)
    (とはいえ、わたしも10年も付き合ったという経験はないのですが…(*_*))

    少しでも楽しんでいただけましたのなら、幸せです!
    お読みいただいた上に、素敵なレビューを本当にありがとうございました(^-^ゞ♪
    最近、書くことから離れていたのですが、、、とてもこれからの励みになります♪



    戸川れん   2015/03/03 14:09



  • >永以真子さま


    わあわあ!こんにちは!永以さま!
    いつもありがとうございます!!(*^^*)
    お時間いただいた上に、素敵なレビューまで…!!
    娘の入園グッズ製作に追われて、気が付くのがすっかり遅くなってしまいました…_(^^;)ゞ
    すみません!

    このお話、瑞季は人気があるのですが、拓があんまりなのですよね(笑)
    瑞季を通して、拓のこともなんとなく好きになって下さったら嬉しいです(/-\*)

    ほっこりだなんて、やったー!(笑)
    ほっこりとか、ほのぼのとか、頑張って目指してみたのですが、やっぱりなんだか、やたらに切なく仕上がってしまったようで…(*_*)
    なので、お言葉、とっても嬉しかったです♪
    ありがとうございます(*^^*)

    戸川れん   2014/02/25 17:53

  • 戸川れんさん、こんにちは。(*^^*)

    ようやく読み終えることができました♪

    長く付き合うほど情が移るのか、別れられなくなる気持ち、とてもわかります。
    結婚には向かない人でも長所はある訳で、一緒に居て落ち着ける存在なら、と思ったり。

    でも、瑞季は本当に拓史が好きなんだなあ…と感じさせられて、なんだかほっこりしてしまいました。

    素敵な作品をありがとうございました。


    永以真子   2014/02/24 12:40