ケータイ小説 野いちご

幼なじみに恋をした2

mission1
柚希side


「廉ちゃん!」

「ゆう、その呼び方やめろよ」

「廉ちゃんだって!」



あたしたちはクラスで有名なほど仲良くなった。



「柚希おはよ!」

「おはよ、優衣」

「柚希ちゃーんっ!」

「桜ちゃーんっ!」



あたしたちはすごく仲良くなった。


「まぁた橋元といるの?」

「えっ?ダメ?」

「もう!柚希ちゃんは忘れてる!」

「え…?」

「高梨を妬かせるんでしょ!?」

「あ!」



思い出したぁ…。



優衣と桜ちゃんはやれやれといった感じだった。



「ゆうー?」

「あ、廉ちゃん!」

「移動教室だぞ?サボりか?」

「違いますー!誰かさんとは違うんで」

「俺だって言いたいわけ?」

「誰も廉ちゃんなんて言ってない!廉ちゃん行かないと遅れるよ?あたしは優衣たちと行くから!」

「おう!」


あたしと廉ちゃんが仲良くなってくたびに雪の女遊びが激しくなった―……。



だけど今のあたしにはなにも理解出来なかった―…。



< 9/ 101 >