ケータイ小説 野いちご

幼なじみと付き合った場合。

俺に断りなく勝手なことしやがって*伊織side

~伊織side~



「伊織~、どこ行ってた?お前、飯食う時間あんの?」



教室に戻ると、俺の親友の上月がそんなことを言ってくる。



「あるある。パン食うだけだし」



そう言って、自分の席につき、カバンの中から菓子パンを取りだした。



「パンかよ……それで夕方まで、もつか?」



「多分……」



「そーいや、さっき他のクラスの女子が、伊織目当てに来てたぜ?」



「へー……」



全然、興味ねぇ……。



そう思いながら、パンにかじりつく。




< 62/ 1432 >