ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】
    • 廊下
    • 後ろからギュッ

    私には付き合って2ヶ月の彼氏がいる。
    そんな彼が今日、綺麗な女の人と歩いているのを見かけた。
    私は気付かれる前に走って家まで帰った。
    もう顔は涙でグシャグシャ。
    ただただ心が痛くて。

    そして気付いたらクリスマス当日。
    先輩と一緒にいたかったな。と思い帰ろうとしたら、後ろから誰かに抱きしめられた。

    先「やっと…捕まえた。なんで逃げるの?」
    「先輩が、一週間前女の人と歩いてるのを見たから…!」
    先「それさ、俺の姉貴だって言ったら?」
    …じゃあ勘違いって事?!
    「ごっ、ごめんなさい」
    先「許さない。今からお仕置き。」
    ニヤッと笑って私の手を引く先輩はどこか楽しそうで。
    やっぱり私はこの人が大好きだ。
    「大好きです。先輩。」
    先「うん知ってる。はい、これ。
    これを買うために姉貴について来てもらったんだ。」
    そう言って渡された紙袋。
    先「メリークリスマス」
    今日は甘いクリスマスになりそうです♪

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】
    • 告白

    今日、憧れの先輩と会う約束をしていたの!楽しみだけど、やっぱり緊張するー!よし!きを引き締めて!
    私「すいません、遅くなって」
    先輩「俺も今来たとこだし大丈夫。」
    私「あの、私に何か用ですか?」
    先輩「伝えたいことがあって」
    伝えたいこと?まさか、告白!!なんて、そんな都合の良いこと起きるわけないよね...
    先輩「俺、お前の事ずっと前から好きだったんだ!」
    私「え?!」
    先輩「こんなバカみたいな俺とお前がつりあう訳ないと思うけど、それでもお前の事が好きなんだ!!」
    先輩...
    先輩「こんな頼りない俺でも、付き合ってくれますか...?」
    私「先輩、私は先輩を頼りないなんて思ってませんよ?だって...」
    チュ
    先輩「っ///」
    私「こんなにも愛しているから!」
    先輩「俺も...」
    こんな夢みたいな恋があるなんて信じられないけど、これが本当ならば私は先輩の彼女になれて、幸せです。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室

    気になる。
    教室の後ろから聞こえてくる会話が。


    「女のタイプ?」
    「そうそう、俺隣のクラスの女子に結構聞かれんの。お前の女の好み」
    「は?なんで」
    「いいからいいから。何かねぇの?」

    私は大人しく椅子に座って本を読む…フリをして聞き耳を立てた。
    だって好きな人だから。
    隣の席になって、よく話しかけてくれて。
    特別なんじゃ…って勘違いしてしまうんだ。


    「んー、見た目は派手でよく喋って、ノリが良い子」

    それは私とは程遠い人物像だった。

    「意外とギャル派か」
    「まぁ好みは。けど実際好きになんのは大抵、真逆」
    「真逆って?」

    「…大人しくて、俺が話しかけると顔真っ赤になって
    あー。あと休み時間に本を逆さまに読んでるような子」

    私は自分の手元を見て、慌てて本を閉じた。

    本、逆さまだった…!


    チャイムと同時に席に戻ってきた彼に
    「盗み聞き?」と笑われた私の顔は、最高に真っ赤だ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

幼なじみと付き合った場合。 (acomaru/著)

幼なじみと恋したい人、集まれ~♪

  • 長いご執筆お疲れ様です!!!
    すっごぉぉぉぉぉいいい話でした♡
    もうキュンキュンし疲れるくらい良かったです!
    最高でした!!!長いお話でこういうキュンキュン系は案外暴走族系とかと比べて少ないと思うので、すごく嬉しいです!ほんとにお疲れ様でした!

    五月/sami   2019/12/02 21:37

  • ずーっと、読んでたら「あれ。なんか部屋明るい…。」ってなりました…。気づいたら夜が明けてる…。おうのぉまいがぁ。
    海で溺れたシーンから涙が止まらなくって。
    めちゃめちゃ集中してこの話を読ませていただきました、笑
    いい話しすぎる…でも長い笑笑笑
    でも絶対にもう一回読みに来ます!
    acomaruさん最高!だいすき♡

    きれマユ   2019/08/13 05:52

    そんなに没頭して読んで下さったんですね。ありがとうございます!
    そして感情移入して読んでいただけたとのこと、とても嬉しい感想をありがとうございます。
    はい、本当に長い長いお話です。
    宣伝になりますが文庫はかなりまとめて書いているのでもう少し早く読めるかと思います。上下巻です。
    だいすきって言っていただけ本当に嬉しいです、ありがとうございます。
    最近ほとんど新しいお話は書けていないのですが、またいつか書けるといいなぁと思っています。
    コメントが励みになります。ありがとうございました。

    作者からの返信 2019/08/19 22:00

  • こんなに長い文は驚きでしたけど、そこまで長く書けるなんて尊敬しました!自分も何回も小説書いてきたけど途中でやめたりして結局は最後までには行かなかったわけだし、だから本当におめでとうございます!彩花という人は、私には本当に無理です。むしろ嫌い。伊織が本当にカッコいいです、顔だけじゃなくて性格も!上月はふざけてるとこが多かったけど実際は真剣に伊織と彩花を応援してるなぁってこんなに素敵な友達がいて羨ましかったです。松本は最初、悪女と思ってたけど実際はいい人だし。楽しく読ませてもらいました!

    神山 美桜   2019/05/20 23:29

    長いお話なのに読んで下さりありがとうございます。私もこんなに長いお話はもう書く自信がないです。途中でやめること、たくさんあります。すごくよくわかります!未公開のお話も山ほどありますよ。その中でやっと最後まで書き続けることができたお話なので、そう言っていただけてありがたいです。
    彩花に振り回された伊織ですが、他のキャラに助けられながらなんとかハッピーエンドに持ち込みました。
    素敵な感想を書いて下さり本当にありがとうございました。

    作者からの返信 2019/08/19 21:54

  • この書き込みは管理者により削除されました

    削除 # 野いちご
    2018/10/09 03:01

  • mikurikuさま
    こちら読んで下さりありがとうございました!
    彩花、イラつきますよね。かなりのフラストレーションを与えてしまい申し訳ないですㅇㅁㅇ;;それでも伊織は最後までめげずに頑張りました。書きたいエピソードがたくさんあり本当に長くなってしまいました。上月は個人的にはとても好きなキャラでした。話の中で効果的な役割ができていたとしたらとても嬉しいです!
    年下彼氏も読んで下さりあちらにもたくさん感想を下さり、本当にありがとうございます。かなり前に書いたお話ですが、今まで書いた中で一歩&鈴カップルが3本指に入るぐらい好きです。なので見つけて下さり嬉しかったです(о´∀`о)ありがとうございました。

    acomaru   2018/06/08 04:46