ケータイ小説 野いちご

19の夏~私の愛した殺人鬼~

第8章


 すべての時間が停止した。


とべ……ななこ?


 ついさっき冬我の話で出てきた人物だ。


 冬我と同じ施設にいた妹のような存在の女の人。


 戸部奈々子。


「どういうこと?」


 沙耶香は自体をうまく飲み込めず、眉をひそめた。


「ここにいるのはおっさんの妹だ」


 右手の目が一つまばたきをした。


「ネコ、冗談はやめろ。だいたいお前は奈々子を見たことがないはずだ」


 冬我がそう言い、ひきつった笑みを見せる。

< 221/ 356 >