ケータイ小説 野いちご

19の夏~私の愛した殺人鬼~

第6章


 九流冬我25歳の、夏。


 暑い暑いといいながらも、今のように狂ったような暑さではなく、貧乏でアエコンが買えなくても耐えられる暑さの日。


 セミの鳴き声は激しいが、時折計ったかのようにピタリと静かになり、再び思い出したように一斉に鳴き始める。


 そんなセミの鳴き声に耳を傾けながら、戸部奈々子は冬我の帰りを待っていた。


 冬我より4つ年下の奈々子は、今日でちょうど21歳の誕生日を迎える。

< 173/ 356 >